マツコデラックスはコラムニスト!さすがの名言集!!

 

テレビで見ない日の方が少ないんじゃない??って思うくらい活躍されているマツコさん。

彼女がテレビに出てきたころ、この人何やってる人??と疑問に思ったひとも少なくないと思います。

色々な経歴をお持ちのマツコさん。

高校を卒業後、美容師の学校を卒業し、ゲイ雑誌の編集社に務め、辞めた後2年間の引きこもり生活を送り、コラムニストになりテレビの世界へ。

と人生経験豊富な1972年生まれの現在44歳のマツコさんです。

マツコさんといえば歯に着せぬコメントで、視聴者の心を掴んでますよね。

私も聞いてて妙に納得してしまう事が多々あります。

彼女の肩書は≪女装家・コラムニスト≫です。
新しいジャンルですよね。

そんな彼女独特の感性と言い回しから生まれた素敵な言葉をご紹介します。

 

スポンサーリンク

コラムニストのマツコデラックスだからこそ納得の名言集

「男と女が分かり合えるなんて幻想ですよ。男と女どころか、個体と個体が分かり合うなんて幻想。だからアタシは感情は出すべきと思ってるのよ」

納得!確かにそうですよね~!自分の事って自分にしか分らない事のほうが多いな~って。
だから、男と女というか一人一人気持ちがあるから分かり合うためにも、言葉で伝えなきゃダメなんだな~と思いました。
男性でもない女性でもない彼女だからこその言葉なのかもしれません。

 

「たいがい『美とは』とか語ってるのはオカマかブスよ」

これは、笑ってしまいました。
最近はオネエキャラの方沢山テレビに出ていますよね。
その中には、けっこー美容家の方で活躍されてる方多いですもんね。
オネエの方は、美意識が高いでしょうね。
男性から女性らしくなる為に、沢山の努力があったんだろうな~と思います。
だから、お肌とか凄くきれい!見習わなきゃwww

 

「迷惑をかけてしまった人に謝るならわかるけど、なんで芸能人は全国民に向けて謝んなきゃいけないの?」

最近、謝罪会見よく目にしますもんね。
確か中には、誰にむけてなのか??何のために??と思うようなものもありますよね。
ただ、誤ればいいわけでもない気がしますよね。
特に芸能人の恋愛問題とか。
二股騒動とか不倫とか、、、。
プライベートなことまで謝らなければいけない芸能人はほんと大変だな~と思います。

 

「ビッグダディを見て悪影響を受けるような子供は最初からどんなテレビを見てもバカになるよ」

ごもっとも!!最近のテレビはコンプライアンス??が、、、、みたいな事や
昔はもっと自由な感じでお笑いがあったと聞きますよね。
この言葉は視聴者がビックダディを見て、教育上よくないという意見に対してのマツコさんの一言でした。
ん~どこら辺が教育上よくないのか不明ですが、見たくないものは見なきゃいい話なんですねww

 

「“女の幸せの定義”なんてものはありません。もっといってしまえば、“幸せの定義”自体、存在しません」

自分が幸せだと思えればそれも幸せって事なのかな~。
人それぞれ価値観は違うし、好きな物も違いますもんね。
人と同じ定義の幸せは、確かにありませんよね。
深いですね~。

 

「デブだからって人付き合いを避けないで。大人は人格や仕事で評価するのよ。」

コンプレックスって誰にもありますよね。
そのコンプレックスを隠したり、直したりすることばかりに目を向けてはいけないという事なんだと思います。
大人になったら、仕事の能力だったり人格で評価されることの方が大切ですよね。
同じ努力なら、仕事や自分の長所を磨く努力をしたいものですよね。
そうすれば、おのずと人付き合いが生まれるものだと思いました。

さて、いかがでしたでしょうか?まだまだ彼女の名言は沢山あります。
彼女の言葉は、ストレートでオブラートには包まないキツイ言葉もありますが、その裏には、凄く優しくて癒される言葉がこもっていると思いました。

 

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です