ドラマ『わたしを離さないで』面白い!主題歌も超良い!!

‘ドラマわたしを離さないで’毎週ドキドキしながら楽しみにしていますww

定視聴率と話題になってますが、私はハマってます!!

 

このドラマは、原作はイギリスのベストセラー作家でもある日系イギリス人のカズオ・イシグロさんの小説が原作となった作品で、2010年にはイギリスで映画化もされている作品でもありますが、日本では多部未華子さん主演で舞台化もされていたり、世界中で様々にメディア展開を見せている作品です。

先が気になる人は、ネタバレ読んじゃったりしてませんか??

演技派キャストが勢ぞろいして、展開していく話がハマってしまいます。

臓器提供がテーマが重いですが、純粋な心を持つ主人公達が懸命に生きていく姿や謎が多き展開に先が楽しみでしかたありません!!

今回は、’私を離さないで’の魅力をまとめていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

簡単あらすじ

物語は「陽光学苑」という隔離施設から始まります。
この施設は世間からは隔離されたものとなっており、謎多き施設です。主人公の3人は生まれてからずっと陽光学苑で生活を送り他の生徒もいます。3人は子供らしい生活を送っていましたが、ある時先生から「君たちはある特別な使命を背負った子供なんだよ」と聞かされることになったのです。実は、この施設で暮らす子供たちは臓器提供の為だけに作られた人間でした。だから隔離されて施設で育てられており、外の世界のことは何も知らないまま育ちます。そして、成人になり提供者となっていくという物語です
なんだか、重たい話ですが、純粋な主人公が魅力的で人間関係が深いはなしです。これから、3人の運命がどうなるか、恋の行方はどうなるか心配で仕方ない私です。

演技派キャスト

保科恭子=綾瀬はるか

施設の子供達からの人望も厚く、とても優しい女の子。けれど、自分たちの運命を知り、大人となった今諦めと疲れで生きる強さを失いつつあるという設定。
綾瀬さん可愛い!でも、今回の役は影があり重たい雰囲気ですよね。
でも、内面は優しい女の子ですからそこを上手に演じています。
毎週見ている視聴者を切なくさせる演技力にはあっぱれです。

土井友彦=三浦春馬

自身の運命を知りながらもなお、人生に希望を求め続ける青年。
周囲にどんなに馬鹿にされようとも諦めることのない強くまっすぐな心を持っている役を演じます。
三浦さんも演技上手になって、素敵な男性になりましたよね。
今回の役は三浦さんの少年っぽさがマッチしているハマリ役です!
純粋な少年を演じているのですが、三浦さん自身私のイメージ通りという感じです。
恋の三角関係に揺れる少年を上手い演じています。

酒井美和=水川あさみ

恭子と友彦と一緒に学苑で時を過ごす少女で気が強く、人より優位に立ちたいという勝気な性格。しかしその反面、誰よりも愛を強く求めるという役です。
水川さんのイメージはさっぱりした女性ですよね。
今回は、少し意地悪でもキュートな一面もあるという役です。
個人的には、水川さんのクールなイメージから笑った時のくしゃくしゃな笑顔を見せてくれるギャップが大好きです。

 

歌が癒される

ドラマの中で流れてるあの曲!!すっごい癒されます。
誰のなんて曲か調べてみました。
Judy Bridgewaterという方の
Never Let Me Go(わたしを離さないで)という曲だそうです。
凄くドラマとマッチしていて聞きいってしまいます。
是非、チェックしてみてください。
>>>Never Let Me Goも収録されているオリジナル・サウンドトラックの詳細はこちら

 
これから、原作にない展開があるとか?!
3人の恋の行方はどうなっちゃうんでしょう。
原作を読んだ私としては、是非違う展開で楽しませて頂きだいです。
これからますます楽しみです。

 

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です