GACKTの語学力に感服!一体どうやって語学を習得してるの!?

 

ミュージシャンのGACKTがフランス・パリのホテルに泊まった際、かなり分かりやすい差別を受け、それに対抗した事をブログで語っていました。

でもこれって、フランス語が話せるGACKTだからこそ出来たことなんですよ~~。

「え!!GACKTってフランス語が話せるの!?」ってビックリしたそこのあなた!!ノンノン!GACKTは実はフランス語だけではなく、英語・北京語・韓国語も話せるんですよ~~~♪ o(゚∀゚o)

 

つまり日本語を入れると五ヶ国語ですよね!?これってかなりスゴイ事ですよね!?

私なんて日本語だって怪しいって言うのに・・・(´;ω;`)

 

一体GACKTの語学力はどうなってんの!?どうやって語学を習得したの!?そしてパリで受けた差別って何!?どうやってフランス語で対抗したの~~~!?

 

もう色んな疑問が湧き起こって仕方ありません。頭の中はGACKT一色ですよもう(*´ω`*)

 

と言う事で、一つ一つ紐解いていこうではありませんか!

 

スポンサーリンク

GACKTがパリで受けた差別ってどんなの!?

なんでもGACKTが、パリで泊まったホテルで朝食をとろうとした際、入口付近の眺めの良い席に座ろうとしたら、店員から奥の席を勧められて移動したそうなんです。

GACKTはその時はあまり気に留めなかったんですが、その後に入店した白人がGACKTが座っていた席に着いたのに店員は何も言わなかったんですって。

 

どうやらその店は白人の人は手前の良い席へ案内して、アジア人には奥の席を勧めるというあからさまな差別をしていたそうなんです。

 

恐らく発端は一部の中国人のマナーが良くなかった事からじゃないかと言われてます。まぁ確かに日本人も中国人も分かんないですもんね。

 

さて、このようなあからさまな差別を受けて我らがGACKT様がとった驚きの行動とは一体どんなものだったのでしょうか?

 

あくまで冷静に笑顔で話すGACKT

そんな差別を受けてしまったGACKTですが、当然彼が黙っている訳はありませんよね。

 

「まさか、自分がこんな風にあからさまに差別を受けるとは思っても見なかったから大ウケだよ」

と大笑いし、その後その場を一旦出たそうです。

その二分後、なんとGACKTはその店にまた入店し、今度は最初に座りたかった入口付近に座ったそうです。

マジで勇者です。私なら泣き寝入りしちゃいます。つかフランス語喋れないし(;・∀・)

 

そして案の定GACKTが入口付近に座ったことで店員が奥の席に行くように言いに来たんだそう。

その店としては結構厳重にアジア人と白人の座る席を分けているのですから当然といえば当然なのですが・・・

 

しかし、GACKTもそんなことで、引きはしません。

それでは、戻ってきた意味が無いですものね。

 

フランス語の話せるGACKTは店員に

 

「なんでだ?分かり易いように説明してくれ」

「大きい声で、わかりやすく言ってくれ」

と、あくまで笑顔でフランス語で言い放ったんだそうです。

 

か、か、かっちょいいです!!!Σ(゚∀゚ノ)ノキャー

 

そんなことをしたら、店員は何も言えないですよね。

差別をしているなんて、堂々と言えるわけもないですから、口ごもってしまい、結局そのままGACKTはその眺めの良い席にいられたようですよ。

 

さすがGACKT様~~~・:*:・(*´∀`*)ウットリ・:*:・

 

それにしてもフランス語がかなり流暢に喋れる様子。

でもGACKTは何と五ヶ国語を操れるんですYOOOO!!!

 

GACKTはどうして五ヶ国語も操れるの!?

GACKTは日本語・フランス語・英語・北京語・韓国語と五ヶ国語を操れるんですが、最近はどうやら韓国語はおぼつかないようです。それでも十分スゴイですよね!!

語学力に長けていて作曲もできる。そして何とテコンドーでは黒帯を取得してるんですYOOOO!!!

 

おまけに言ってしまえばGACKTは舞台「MOON SAGA-義経秘伝-第二章」で主演、原作、脚本、演出、全てをやってのけているんです!!!

 

もう才能ありまくりのGACKTですが、すごく忙しそうなのにどうやって五ヶ国語も習得したのか気になりますよね。

 

でも、GACKTの語学勉強法は至ってシンプルで、

「参考書を雑誌のように読む」

たったこれだけだったんです!!!

 

つまりどういう事かと言うと、雑誌って気の向いた時にパラパラってめくって、自分の見たいページだけ読んだり、ちょっとした合間に読み返したり、読むとこなくなると興味ないページとかもパラパラ見てみたりしますよね?

 

つまり、そーいう風に、雑誌を読むように気負わずに参考書を読んでいたって言うんです。

これがGACKTの語学勉強法だったんです!!

 

何だかこれなら自分にも出来そうじゃないですか!?

私は手始めに英語の参考書を一冊買ってみようかな~~なんて思っております(ノ´∀`*)

 

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です