つんく♂タバコが原因で声帯失うも食道発声法でまた声を出したい!

 

歌手であり、ミュージシャンであり、「モーニング娘。」のプロデューサーでもあるつんく♂さん。

つんく♂さんの実力は自他共に認める素晴らしいものですよね。

 

そんなつんく♂さんが去年から喉の癌を患っていたそうです。

音楽家にとってというか、ミュージシャンにとって喉の疾患は致命傷。

それでも、つんく♂さんはこの癌と向き合い治療する努力をしていたそうです。

 

しかし、残念ながらもその努力は報われることなく癌が完治することがなかった事により声帯の摘出手術を受けました。

 

つんく♂さんは

「一番大事にしてきた声を捨て、生きる道を選びました」

と今の気持ちを明かしています。

でも、一体どうして喉頭がんになってしまったのか。それはつんく♂さんがかなりのヘビースモーカーである事と密接に関係していたようです。

 

スポンサーリンク

祝辞の代わりにギターでエールを

4日につんく♂さんの母校である近畿大学のサプライズゲストとしてつんく♂さんが現れました。

 

本来なら、ここで祝辞を読む予定だったのですが、声帯を既に失っていたつんく♂さんは当然ですが声が出せませんよね。

だからこそなのか、つんくさんはギターで校歌を演奏し、新入生にエールを送りました。

 

ミュージシャンとして声を大切にしてきたつんく♂さんが何よりも大切なその声を捨てる道を選んだ。

そんな姿を見て新入生の方々はどう感じたのでしょうか?

きっと、これからの大学人生だけではなく少し遠い未来についても考えたんじゃないでしょうか?

 

きっと涙した新入生も多かったんじゃないでしょうか。

 

それにしても、今まで自分を表す武器であった声を失うという選択はとても悲しいことだったと思います。

つんく♂さんも苦渋の末にこの決断をしたんじゃないでしょうか。

でも・・・命には代えられないですもんね。自分でも同じ決断をしたんだろうなとはぼんやりと思います。

 

タバコとお酒をたしなむ人は喉頭癌になりやすい

つんく♂さんはかなりのヘビースモーカーだったんですよ。

そして今回つんく♂さんが患った喉頭癌は、お酒とタバコをたしなむ人がなりやすいそうなんですよ。

声が大事なアーティストなので、タバコを減らすなり出来なかったかなと今更ながら一ファンとしては残念でならないのです。。。

昨今では大分しゃがれ声になっていたので心配はしていたんですが・・・。

 

 

でも、なってしまったものは仕方ない!!

つんく♂さんは、声を取り戻すべく食道発声法のリハビリを始めているんだとか!

 

つんく♂さんが始めた食道発声法とは!?

つんく♂さんが始めた食道発声法とはどのような発声法なのかと言うと、胃に溜めた吸気を逆流させて食道を振動させて声を発する方法だそうです。

同じように声帯を全摘出した人でもこの方法で電話での会話も普通にこなせるようになったんだとか。

 

機械を使って比較的容易に声を出せるようになる電気式人工喉頭」という方法もあるんですが、つんく♂さんは機会には頼らず自分の力でもう一度声を出したいようです。

 

早い人で1年程で声が出せるようになるようなので、またテレビでつんく♂さんの声を聞ける日が近い内にあるかも知れませんね。いや、絶対ある!!

 

これからつんく♂さんはどう芸能活動をしていくのか

芸能界で生きていくには、声がないというのは大きなリスクになると思います。

特にミュージシャンの活動をメインにしてきたつんく♂さんだと尚更ですよね。

 

ハロプロを立ち上げてプロデューサーとして上手くいって、自分の声では仕事をしなくなったつんく♂さんではありますが、それでも今までとは全く環境が変わるから戸惑いや不安がありますよね。

 

でも人って何かを失うと今まで見えなかった物が見えてくるって事がありますから、もしかしたら今まで以上に作曲に深みが増すかもしれません。

とにかく才能溢れるつんく♂さんなので、私は悲観せずに彼の今後を応援して行こうと思います。

 

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です