西川貴教が佐賀のライブでアンコールにぶちギレ。で、結局歌ったの!?

 

デビュー当時から力強い歌声と面白いキャラクターでファンを魅了し続けている歌手の西川貴教さん。

一昨年・去年は数年ぶりに紅白にも出場し、再び勢いに乗ってますよね(´∀`*)

MVでは強い風を全身に受けて熱唱する姿が熱く、そんな姿を真似する人が続出するほど。

ちなみにこれは台風とかの風や雨が強い日なんかに『TMRごっこ』として一部の方々が嗜んでます(´∀`*)

 

そんな激アツな男西川貴教さん。どうやら6月28日に佐賀で行われたライブのアンコールで、ひと悶着あったようですよ。

 

スポンサーリンク

佐賀で行われたライブ本編は大成功だったが・・・

6月28日に佐賀で西川貴教さんのライブが行われました。

ライブ本編はいつも通りノリノリで大成功だったようですが、その後のアンコール時に問題が発生。

 

アンコールの叫び声に勢いがなかったり、スマホをいじってる人がいたり、談笑してる人がいたり・・・。

 

つまり一言で表すと「本当にアンコールを心の底から求めていないじゃんけ、われぇ!!」って思ったようなんです。

 

で、激アツの男である西川貴教さんはそんな気の抜けたアンコールの様子に意気消沈し、ステージから降りたようなんです。

しかしファンもそんな西川貴教さんの様子を察したファン達が、「このままじゃやべえ!西川兄貴が怒ってる!」と察したのか、アンコールの叫びをパワーアップさせて西川貴教さんを求めたんだそう。

そしたらその熱い声に応えるべく再度ステージに戻ってきてくれた西川貴教さん。そう、結局一度はステージから降りたものの、ファン達の熱い叫びに再び歌う事を決意してくれたんですね。

結局アンコールでは5曲を熱唱してくれたそうです。良かった良かった(*´ω`*)

 

でも、この時のことを後にツイッターで言及した西川貴教さん。これが今物議を醸し出しているんです。

 

西川貴教の意見

西川貴教さんの意見として、ライブの後にこうツイッターにアップされていました。

「常々アンコールに関してお答えしていますが、基本は本編で全て完結しており、チケット代はこの本編に対して頂戴しております」とアンコールへの持論を述べる。そして「更に求められ、それに応える心と心の呼応がアンコールです。本当に求めて頂ければ、いくらでもお応えします。ですから『もっと』のアピールは、強く大きくお願い致します」

確かにその通りだと思いました。

そもそもアンコールとは本編が終わり、それでもまだアーティストに会いたい。まだ歌を聞きたい。そういうファンの熱い気持ちがアンコールの叫びとなって、その熱い気持ちにアーティストが応えてくれるって言うのが“アンコール”ですもんね。ファン側のアンコールの意思が弱いと応えたくなくなるのは人間として至極当然の心理ですよね。

そのことを今回しっかりと表明してくれた西川貴教さんはやっぱり凄いと思ってしまいました。言いにくい事もきちんと伝える。出来そうでなかなか出来ないですよ~。それに、それだけライブというものを真剣に考えてくれているアーティストさんのライブにはまた行きたくなるってもんです!!

 

実際、このツイッターを見ている人も、西川貴教さんのこの意見に納得している人が多いようです。

 

しかし、一部ではやはりこういう意見に賛同しない人もいる様子で・・・。

 

西川貴教のツイッターに否定的な意見もちらほら

今回のライブで、アンコールを熱望していたファンの方が多かったと思うので、そんなこと言われる筋合いのなかった人たちは当然この西川貴教さんの苦言に物申したいってところなんでしょう。

 

「ライブを楽しんだ私としては後からそのように思われていたのなら逆にショックです」

 

「どうしてこんなに戦々恐々としながらLIVEに挑まなければならなくなったんだろう?」

 

と言った意見もありました。ただの否定的な意見ではなく、ファンだからこその悲しみの意見だってのが伝わってきて切ないです(;Д;)

「自分は頑張って声を出したのに認めてもらえてないんだ。」とか「これからライブ行ったらアンコールの時に皆ちゃんと声出さないとアカンでって緊張しちゃうよ」って気持ちになっちゃったんでしょう。

 

それでもやっぱりこれからもアンコールは存在して欲しい

皆ファンだからこそライブにも足を運ぶわけですよね。

そして最後の曲が終わると何とも言えない寂しい気持ちになりますよね。だからこそやっぱりアンコール制度(?)はずっと続けていって欲しいですよね。

もとからライブにアンコールを編成してるって事も最近では珍しくないですけど、西川貴教さんのようにアンコールの熱い叫びがあってこそ応えるぜ!!ってスタンスのアーティストも数多くいると思うんで、今回の西川貴教さんの苦言で皆がアンコールに対する認識を改めてくれたら嬉しいなと思います(*´ω`*)

 

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です