ナオミとカナコを観た感想!結末が気になる面白さ!!

 

現在フジテレビで放送中の『ナオミトカナコ』が私的には凄くツボです!!

たまたま、第一回目を偶然に見ていて面白い!!と思い毎週楽しみにして見ています。

この作品は、数々の文学賞受賞歴を持つベストセラー作家・奥田英朗の同名小説を連続ドラマ化されたものです。

どうりで、面白いわけですww

話の続きが気になり、原作を読んでしまったほど、、、。

まだ、ご覧になってない方の為にあらすじと魅力溢れるキャストについてまとめていきたいと思います。
ネタばれはありませんので、ご安心を。

 

スポンサーリンク

始まりのザックリあらすじ

主人公のナオミは百貨店の外商部に勤めています。
本当は、美術館への配属を希望しているがなかなか上手くいっていない日々をおくっていました。
そんなある日、近くに引っ越してきたという大学時代からの親友カナコの自宅食事へ招待されました。

カナコは、エリート銀行員の達郎と結婚をし素敵なマンションに住んでいました。
それを目にしたナオミは、カナコが普通の結婚に昔から憧れていた事を思い出し、幸せそうなカナコを見て安堵します。

その数日後、ナオミとカナコは夕食の約束をしていました。
しかし、カナコが風邪をひいたとキャンセルの電話を掛けてきました。
カナコの様子が気になったナオミは、カナコのマンションを訪ねます。

しかし、そこには顔がアザだらけのカナコがいたのでした。

カナコは、日常的に夫の達郎からDV被害に合っていました。
ナオミは、警察やシェルターへ逃げるよう進めるが、カナコは達郎に怯え行動できないといいます。
ナオミの父親もDVだったのでカナコをほっとけなかったのです。

その日以降も達郎の暴力はエスカレートしていきます。

カナコはストレスから水が苦く感じ、普通の生活おくりたいと心身ともに病んでしまうのです。

そして、ナオミが

『いっそ、2人で殺そうか。あんたの旦那。』

と言い出し、そこから、2人の達郎殺害計画がスタートするのです。

実力派俳優・キャスト

≪ナオミ=広末涼子≫

久しぶりの連ドラ主演の広末さん。
デビュー当時のアイドル路線から一変し、今もうベテラン女優さんになりましたよね!
いい年齢の重ね方ですよね。
ナオミは、芯の強い頼りがいがある女性です。
広末さんにピッタリですね。
ナオミを守る為、葛藤し戦略を練る姿はついつい応援したくなる心理になります。

≪カナコ=内田有紀≫

内田有紀さんも変わらずお綺麗というか、可愛いですよね。
内田さんはここ最近ドラマに沢山出ていますよね。
カナコは、ナオミと真逆といっていいほど内気なタイプです。
暴力に怯えるカナコの演技が凄くリアルですごいと思いました。

≪達郎=佐藤隆太≫

佐藤隆太さんがDV夫??とビックリすると思いますが、これがなかなかの怖さなんです。
優しい時と怒るときのギャップが怖すぎます。
そこを上手に演じれる佐藤さんはやっぱり凄いですね!!
後に、達郎ソックリの中国人役で一人二役を演じます。
そちらは、カタコトの日本語でこの役も凄く難しそうです。

≪李朱美=高畑淳子≫

このドラマのファンというかこの高畑さん演じる朱美ファンといっても過言ではないほど、毎週楽しみにしています。
ネットでもひそかに話題になっていますよね。
カタコトの日本語を喋る中国人女社長の役なんですが、ホント中国人にしか見えませんww
圧倒的演技力で、主演のお二人より目立っています。
この女性はドラマを進めていく上で重要な役になっていきます。
ぜひ、朱美目当てでもいいからドラマみてほしいです!!!

≪達郎の姉・陽子=吉田羊≫

話の中盤から後半にかけて重要になっていく達郎の姉に吉田羊さんです。
ここも、実力派で固めてきましたね~!
キャリアウーマンの陽子は吉田さんハマリ役ですよね。
吉田さんもここの所ドラマにずーと出てますよね。
メインになる登場人物は、以外に少なくてシンプルですよね。
しかし、毎回手に汗握る内容になっています。
むしろ、キャスチングだけでも見る気になれるドラマですよね。
ドラマは、中盤から後半にかけてハラハラドキドキの展開になる模様!!
ますます楽しみです。

 

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です