風に立つライオンの撮影でケニアに行った石原さとみを困らせた○○

映画「風に立つライオン」の撮影は日本の長崎とケニアで撮影されたそうなんです。

出演する石原さとみさんは、ケニアで○○に悩まされたそうです!!

 

 

スポンサーリンク

石原さとみ、日本を離れて映画の撮影に挑む

女優として活躍中の石原さとみさん。

今度公開される「風に立つライオン」はなんとケニアと長崎での撮影だったそうです!

 

ケニアでの撮影を1ヶ月ほど行なったそうです。これは日本史上初のようで、こんなに長い期間、撮影でケニアに滞在することは今までなかったそうですよ。

 

アフリカになると衛生環境のことはもちろん、病気のことなども気になってしまいますものね。

いままで、日本人が挑戦するに出来ない理由もなんとなく分かりますね。

 

石原さとみを悩ませたのはハエだった

そしてそのケニアで石原さとみさん含む撮影人を襲ったのが、なんとハエだったそうなんです!

 

日本に住んでいると考えられませんよね。

やはりケニアの衛生事情は日本と違うんですね。

ハエと言うと直で衛生事情に結びついちゃいますよね;;

 

今回はハエと関わりながら「風に立つライオン」の撮影を行った石原さとみさんでしたが、何やら悟りを開いたのか、ハエに対しても寛大なコメントをしています。

 

「幸せな時間、人生観が変わった時間を送りました。宝物のような作品です。肩の力を抜いて観ていただければ」

「ケニアでは、大量のハエと戦いながら撮影しました。しかも、いいシーンに限って、顔にハエが止まるんです」

 

と、微笑みながら言っていたそうです。

人生観が変わったと言うのは、ハエへの認識が変わったということも含まれているのかもしれませんね^^;

 

共演者の大沢たかおさんは

「ケニアロケは過酷でしたが、長崎では温かい人たちに囲まれ、全てが良い思い出です」

とケニアでの辛かったらしい撮影のことなどを話していました。

 

やはりケニアのロケは大変だったんですね。

慣れない外国ってだけでも大変なのに、衛生事情が日本とは雲泥の差がある場所ですもんね。

お腹壊したりしなかったんでしょうか・・・。

 

それにしても石原さとみさんは流石といいますか、肝が座っているんでしょうね。

今まで沢山の撮影を行ってきた石原さとみさんだからこそ、ハエとの思い出も微笑みながら語れたのでしょうね。

 

私なら思い出しただけで身震いしちゃうかもしれません。

というか、多分普通の人はそういう反応になってしまうのではないでしょうか?

 

そこら辺は流石トップ女優に着々と近付いている石原さとみさんといったところでしょうね。

感服いたします。

 

青年医師の活動や戦闘で傷ついた少年兵士との触れ合いを描いたこの映画は、さだまさしさんの名曲でもある「風に立つライオン」から生まれたもののようです。

 

長いケニアでの撮影の成果はどのように映画館で映るのでしょうかね。

そんな「風に立つライオン」は3月14日ホワイトデーに公開されます!

 

期待して待っていましょうね☆

 

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です