NPO法人 エコキャップ運動の実態にロンドンブーツ田村淳ぶちギレる!!

今では知らない人がいないほどの人気を誇るロンドンブーツ1号2号。
自身でMCを行なうロンドンハーツもとっても面白いと思って毎回見させて頂いています!

 

さてさて、そんなロンブーのお二人ですが、今回は田村淳さんのお話です。

 

田村淳さんが以前から行なっていたNPO法人のエコキャップ運動をごご存じですか?

 

と言ってもその名の通り、ペットボトルのキャップを集めNPO法人の「エコキャップ推進協会」に提出するというものなのですが、なんとそのキャップの売却益はワクチン代に寄付されていなかったらしいんです!!

これは怒りますよね。
そんなにエコキャップ活動やボランティアに力を入れていない人私のようなでも怒ります。

 

スポンサーリンク

エコキャップを集めたのにポリオ撲滅運動が行われていなかった

田村淳さんは、インターネットで配信されている「淳の休日」などでポリオ撲滅運動を推進し活動していましたよね。
意外と人情に厚い田村淳さんは今回の件にかなり怒っているそうです。

まぁ、そりゃそうですよね。

「皆さんすでに御存知の事と思いますが…この度ペットボトルのキャップリサイクルを進めるNPO法人『エコキャップ推進協会』がキャップの売却益があるにもかかわらず、ポリオワクチン代に寄付していないという事実か判明しました」

と自身のブログで報告をしています。

今回の件でNPO法人への信頼が薄くなってしまったんではないでしょうか?
正直、寄付として集めたものをきちんと交換されてないんじゃムカつきますもんね。

 

今回のことで、NPO法人に限らずに募金など全てにおいて信用出来るのかどうか、色んな人が不安になってしまったのが現状だと思います。

 

何のコメントもないエコキャップ推奨協会

今回の事件で、当然代表を行なっていた田村淳さんはエコキャップ推奨協会に連絡をしているそうです。

しかし、こんなことがあったにも関わらず協会からは一切コメントがないそうなんですよね。
田村淳さんが集めた31万個のペットボトルのキャップはどこへ行ってしまったのでしょうね。

田村淳さんもこのままでは終わらせないと思っているそうですね。

「このまま有耶無耶(うやむや)にさせてはいけない問題だと考えます」

と頼もしい事を言ってくれています。

 

因みにこんな事がありましたが、ペットボトルのキャップを集める運動はこれからもするそうです。
どこに提出するかはまだ未定だそうですが、きちんとした所に届けてくれる協会を探して提出してくれるそうです。

田村淳さんが謝ることではないのですが、最後に

「僕を信じてキャップを託してくれた皆さん…申し訳ありませんでした」

とコメントしてくれています。

一切悪くないのに、責任感の強い田村淳さんらしい言動だと思います(;;)
にしても、31万ものキャップは本当にどこへ行ってしまったのでしょうね?
もし、エコキャップ推奨協会が個人的に使用しているとしたら、本当に訴えて然るべきレベルですね。続報を待ちたいと思います。

 

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です