「おくさまが生徒会長!」アニメ化決定に不安。イメージ崩さない声優キボンヌ

 

品行方正、文武両道を誇る誰もが憧れる生徒会長、若菜羽衣ちゃんがヒロインの「おくさまが生徒会長!」

現在、一迅社にて連載中なのですが読者には人気が高い漫画ですが知名度としてはもう少しという感じだと思います。

 

そんな「おくさまが生徒会長!」がアニメ化するのは少し驚きましたが素直に嬉しいですね!!

 

来季、7月スタートのアニメとしていち早く決定したこの作品ですが、どのような作品なのか、簡単に説明していきたいと思います。

 

 

スポンサーリンク

「おくさまが生徒会長!」ってどんな話?

中田まゆみ先生が描いている「おくさまが生徒会長!」はカリスマ的生徒会長であり美少女設定の若菜羽衣ちゃんと同じく生徒会副会長の和泉隼人君を中心としたドタバタコメディ漫画です。

 

ある日、羽衣ちゃんがいきなり隼人君の元に来て押しかけ女房のように同居生活が始まってしまうのがストーリーの始まりです。

 

同居生活なのに笑いが絶えないコメディが主体となっているのがポイントかもしれません。

ラブ要素が少なければ、男性でも読みやすくなりますからね。

 

隼人君を好きですぐに無防備になってしまう羽衣ちゃんが可愛いのもありますが、その羽衣ちゃんに振り回されながらも顔を赤くしている素直になれない隼人君にも、萌えポイントが大きいと思います。

 

何と言ってもコミカルなテンポで話が進んでいくので読みやすい作品ですよね。

 

漫画作品のアニメ化で不安になってる人もいるよ

最近ではアニメだけではなく映画やドラマでも漫画の作品が使われることが多くなってきました。

個人的には漫画というものがそれだけ世間に認められて来ていると考えて嬉しい面もあるのですが、それでも純粋な原作ファンとしてはアニメ化はあまり好きではないと言うのが本音だったりします。

 

私に限らず、アニメや漫画オタクと言われる人たちは結構そう思う人も少なくないんですよね。

その原因はやはり、純粋に原作が好きという点に限ると思います。

 

漫画の丁寧な作画に対しアニメの場合は動きがあるのでCGで書かれることが多いですよね。

優しいタッチの絵が好まれだしている今はアニメのようなはっきりした線を好む漫画オタクはみたいです。

 

特に、好きな作品がそんな感じに描かれていると少し悲しくなります。

 

2つ目に声優さんのことです。

決して声優さんがいけないわけではありません。

 

しかし、読んでいる側にはそれぞれイメージの声が既に存在しているのです。

人それぞれそのイメージが違うのでどんなに声優さんを変えても誰かしらイメージが違うと言ってくると思うので、正直そこは仕方のない事だと思います。

でも「あ、この人の声合ってるじゃん。」って感じるタイプはある程度似通ってると思うので、どうか、どうかそんな風にキャラのイメージを崩さない声優さんを希望します(´Д`)

 

最後にストーリーです。

漫画とアニメは違います。

漫画ではウケるところもアニメではウケなくなってしまうこともあるので、製作者はストーリーを変えてきますよね。

 

もちろん、それで面白いと思う人もいます。

しかし、純粋に原作に惚れてしまった人たちにとっては、あまり喜ばしいことではなかったりします。

 

まぁ何だかんだ言いつつもアニメ化に期待しているからこそ、辛口になってしまうんです。許して下さい(;o;)

今回の「おくさまが生徒会長!」はコメディ漫画なので、きっとそこまでの脱線はないと思うので、気軽に楽しめたら良いなと思いますです。

 

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です