ティンカーベルの映画が発売!最新作にして最終章!

 

「ティンカー・ベル」映画の最新作が遂にDVD・BDで5月20日からリリースされました(*´Д`*)

ティンカー・ベルシリーズは我が家の夫と娘が大好きで、前作DVD・BDで持っているんです♪

私は普通のアニメも好きですが、3Dアニメが何より好きで好きで。

で、このティンカー・ベルの映画も3Dアニメなので私の大好物なのであります(*´Д`*)

 

スポンサーリンク

ティンカーベルの新作は何とシリーズ6作目!

あの有名なディズニー映画でもある「ピーターパン」でお馴染みのティンカー・ベルの映画の最新作が5月20日に発売されました。

このシリーズではピーターパンは全く出てこないんですよ。斬新ですね。

 

そして今回の最新作のタイトルは「ティンカー・ベルと流れ星の伝説」

なんとこの新作でシリーズ第6作目なんですよ!
>>>Disney ディズニー / ティンカー・ベルと流れ星の伝説 ブルーレイ+DVDセット

 

いつの間にかそんなに作っいたんですね。結構驚きかも。

ティンカー・ベルって女の子の憧れの妖精さんですから、シリーズを通して魔法の粉をまきながら空を飛ぶシーンがすごくリアルで気持ち良さそうで、何度観ても飽きないんですよ~。

 

このシリーズはティンカー・ベルがピーターパンと出会う前のお話を描いているのですが、沢山の妖精とティンカー・ベルの友情や絆、冒険を見せてくれる素敵なお話なんです。

まぁ大抵がティンカー・ベルが何やら張り切って皆の為に頑張ろうとするんですが、それが上手くいかずに失敗してしまい、その失敗を仲間たちと奮闘して切り抜けるってパターンになってます(*´ω`*)

毎回ハッピーエンドなので安心して観れます(*´ω`*)

 

そして今回の最新作はこのシリーズの最終章なんです。もうティンカー・ベルともお別れなんですね。寂しいです(´;ω;`)

最終章だと言っても、きっといつものようにハッピーエンドで終わるんだと思いますが、最後だと思うと何が何でも見逃せません。

 

私はまだ観ていませんが、最後にはきっとピーターパンと出会うきっかけのようなものが描かれているのではないでしょうか?

 

ピーターパンを差し置いて主役になったティンカーベル

そもそもなぜティンカー・ベルのスピンオフのお話が作られるようになったのでしょうね?

まぁ私はピーターパンよりもティンカーベルが好きなので嬉しいんですが、世の人が皆私のようにティンカーベル派だったって事でしょうか?

 

ティンカー・ベルといえば、ピーターパンの作中でピーターパンを大好きな可愛い妖精として描かれてますよね。

ピーターパンに好意を寄せている事から、近くにいるウェンディが気に入らなく意地悪をしてしまうシーンも多々見られますが、ピーターパンの為であれば何でもやってしまう健気な女の子的表情が多く見られます。

 

そんなティンカー・ベルの人気はピーターパンを経てのティンカー・ベルシリーズで、今では衰えるどころか人気を増しているのではないでしょうか?

 

でもなぜピーターパンが終わって何年も経ってからティンカー・ベルの作品を作ろうと思ったんでしょう。だってティンカー・ベル意外にも他の作品で主人公ではないサブキャラで人気があるものは少なくありませんよね。

それでも、ティンカー・ベルを主役に作品を作ろうと思ったのは、やはり「妖精」ってところで子供受け(主に女の子)が良いからじゃないでしょうか?だって、アニメーションの一番の視聴者はやはり子供達ですもんね。グッズとかも子供が欲しがって親が買い与えるみたいな図式を制作サイドとしては重視しますもんね。

アニメによってはまず最初にグッズありきで、後でストーリーが付いてくるみたいなところもあるらしいですからね。マーケティングにうまく乗せられてる私たちだったりします(・ω・`*)

 

ティンカー・ベルが子供達に与える影響

このシリーズは予想以上の成功であったと言っても過言ではないと思います。

実際に小さいお子さんだとピーターパンよりもティンカー・ベルを先に知ったという子もいると思いますよ。

 

今回のお話で最後と言われていますが、セカンドシーズンとかもあったりして!?

そうしたら、今回はどんな話を作るのでしょう?

また、妖精たちの生活を描くものなのか、それともまさかのピーターパンが大人になったお話とかだったりして!?それはちょっと見たくないかな(・ω・`)

まぁどちらにしてもディズニーの3Dアニメなら私は何でもござれです!!

 

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です