守り人シリーズのキャスティングが発表!バルサとチャグムはこの人だ!!

 

守り人シリーズの『精霊の守り人』から『天と地の守り人』までがドラマ化される事になりました。

原作は上橋菜穂子さんの書いたファンタジー小説で全世界にファンがいる人気作ですので今から期待が高まりますね(*´∀`*)

放送は来年2016年を予定。なんとNHKの大河ドラマとして、まず始めに『精霊の守り人』が放送になりますよ!NHKも最近は色んな試みをしていて頼もしいですね(*´∀`*)

そんな守り人シリーズ『精霊の守り人』ですが、やはり気になるのはキャスティングですよね。主役のバルサ役はご存知綾瀬はるかさんに決定しておりましたが、今回新たに決まったキャスティングが発表されました。物語で重要な鍵を握る人物であるチャグムは一体誰が演じることになったのでしょう!?期待の発表会が7月13日に渋谷で行われました。

 

スポンサーリンク

守り人シリーズの気になるキャスティング

主演は御存知の通り、30歳になって女性の魅力が一段と際立つようになった綾瀬はるかさん。

その他にも、藤原竜也さん、木村文乃さん、高島礼子さん、子役の小林楓くんの出演が決定しました。

キャスティングは以下の通り

チャグム・・・小林楓

帝(チャグムの父)・・・藤原竜也

二ノ妃(チャグムの母)・・・木村文乃

呪術師トロガイ・・・高島礼子

 

藤原竜也さんも父親役とか演じる年齢になったのね~。まだまだ若いと思ってたのに(;´д`)

そして何と言ってもチャグム役の小林楓くんですよ!!

『精霊の守り人』他、守り人シリーズを通して主役のバルサと同様にストーリーの鍵を握る重要な人物であるチャグムなので、小林楓くんには全国民の注目が集まりますね。まぁプレッシャーを与えるのはあまり良くないのでしょうが(;´д`)

まあ伸び伸びとチャグムを演じてもらえれば良しですね!(なんで上から)

 

バルサ役は綾瀬はるか以外に考えられない!

守り人シリーズの原作は、上橋菜穂子さんの書いたファンタジー小説で、元は児童文学だったんです。

あれよあれよと人気に火が付き、今では全世界にファンがいるほどの人気シリーズとなりました。

>>>【新品】【送料無料】精霊の守り人シリーズ 全巻セット(全11冊)を揃えるならこちらから

 

バルサは短槍という武器で戦う孤高の女性なのですが、そのバルサ役には今が旬の綾瀬はるかさんが選ばれました。

 

綾瀬はるかさんを選んだプロデューサーさん曰く

「30歳の孤独な女用心棒という役柄ですが、そこにある柔らかさと高い運動能力をあわせ持った方は綾瀬さんしかいないと思った」

とのこと。

確かに年齢もそうですが、強い意思を持っていながら優しさ溢れる綾瀬はるかさんのイメージにピッタリの役柄だと思います。

この大河ドラマはなんと3年間に渡り放送される予定だそうです。守り人シリーズの全10巻分がドラマ化されるので見応えありますね!

 

それにしても3年間続くドラマというのは中々見ることが出来ないですよね。なにより視聴率の様子もわからないうちから長期間に渡りその番組枠を開けることを決意したNHKの意欲が凄いと思いました。

スキャンダルを起こすこともなく安定した人気のある綾瀬はるかさんを主演に起用することで視聴者の獲得に繋がると踏んでるんでしょう。

 

キャスティングの発表会でも天然だった綾瀬はるか

今回の発表会で何故か注目されたのが綾瀬はるかさんさんの天然っぷり。

会場で記者たちの質問を聞き間違えるなど、その可愛らしいミスは会場を和ませていました。

他にも珍回答を幾つか並べた綾瀬はるかさんさんですが、その天然キャラと真逆の戦う女性の「バルサ」をどう演じるのか楽しみですね。

 

他の役者たちも頼もしいぞ

バルサは王子チャグムを守りながら彼に生きる術を教えていくんですが、そんなチャグムの命を狙うチャグムの父・帝役の藤原竜也さんやチャグムをバルサに託したチャグムの母親・二ノ妃役の木村文乃さんはこの作品を演じるにあたってこんなコメントをしています。

藤原竜也さん

「こんなかわいいチャグムの命を狙うというか、嫉妬してねたみながら、神として崇められ、自分の無力さに葛藤しながら必死で自分を保とうとする帝を3年間、楽しんでやっていけたら」

と冗談を含んだ感じで陽気に話してくれました。

 

そして木村文乃さんは原作のファンだそうで、この作品を演じるにあたり

「心も身体もアクティブな方なので、長い衣装を着ての動きは大変。3年後にはそれが流れるようになっていたらいい」

と話していました。

きっと衣装はとても動きにくいものなんだと考えられますね。

作品の舞台は昔のアジアをイメージして描かれているので布の多い衣装ということなのでしょう。

 

アニメ化やラジオドラマ化はされましたが、実写化は初めての守り人シリーズ。戦闘シーンではCGも使うそうです。原作は小説ですが、そのラジオを聴いたことのある人はきっとそれぞれの「精霊の守り人」の作品が出来上がっていると思いますのでそのイメージを壊さないように役柄を演じるというのは不安もあると思いますが、そこは役者の方々の演技力に期待して放送を楽しみにすることにしましょう(*´ω`*)

 

 

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です