大山のぶ代モノクマ役のダンガンロンパ制作発表会でファン感涙の出来事とは!?

 

ドラえもんの声を担当し、日本でもかなり有名な声優として名を広げた大山のぶ代さんが認知症を患っているのは皆さんご存知でしょうか。

現在は認知症と戦いながらも声優業を頑張っている大山のぶ代さん。認知症をカミングアウトした際は周囲から心配の声が多数あがりました。

私も心配した一人です。だって認知症なのに声優業続けるのってかなり大変じゃないですか。周囲も大変だろうし・・・。

でも、大山のぶ代さんはダンガンロンパシリーズでモノクマ役を演じてますよね。そして12月3日より東京のZepp ブルーシアター六本木で上演する舞台『スーパーダンガンロンパ2 THE STAGE~さよなら絶望学園~』でもモノクマ役で声優出演する事が決まっています。

約1年ぶりの復帰作となる今作の制作発表会の場で、とっても元気な肉声メッセージを披露してくれた大山のぶ代さん。変わらずモノクマ役として私達ファンを和ませてくれる予感がビンビンです!(*´Д`*)

 

スポンサーリンク

モノクマ役で活躍する大山のぶ代は大ベテラン!

大山のぶ代さんは舞台『スーパーダンガンロンパ2 THE STAGE~さよなら絶望学園~』のマスコットキャラクターであるモノクマ役の声を担当しています。

ドラえもんを彷彿とさせるその独特なガラガラ声は正に大山のぶ代さんの真骨頂ですね!(´∀`*)

さすが日本のアニメ界を盛り上げた立役者です。

 

なんと既に81歳という高齢(!)になっている大山のぶ代さん。そんなお年寄りだったとは驚きました。見た目が若々しいから60代後半か70代前半かと思ってましたよ(゚Д゚)

そんな高齢にも関わらず仕事を頑張っているのにも驚いてしまうと思いますが、それ以上に驚くことは認知症を患っていることですよね。認知症で81歳で、それでも現役の仕事人として働いている人って周りにいますか?凄すぎですよ。

 

そうは言っても、ダンガンロンパはシリーズ物なので今更モノクマの声を他の声優さんがあてるってのはファンとしては耐えられないので、大山のぶ代さんにはやれるところまで頑張って欲しいですね(´∀`*)このシリーズは2010年からモノクマの声を大山のぶ代さんが務めるのでイメージが植え付けられてますもんね。

 

制作発表会には欠席したものの届けられた肉声メッセージにファン感涙

今回の舞台である『スーパーダンガンロンパ2 THE STAGE~さよなら絶望学園~』」の制作発表会の際は残念ながら大山のぶ代さんは欠席でした。

やはり、認知症にかかっていることから、滑舌やトークの内容についてこれるかなど、いろいろ不安要素があったのかもしれませんね。

 

でも落ち込むのはまだ早いですよ!

 

なんと、製作発表の会場には大山のぶ代さんの肉声のメッセージが届いたんです!!

本当にあのどこか懐かしい本物の大山のぶ代さんの声でした!!

肉声メッセージはこちらから聴けます。(YouTubeより)

 

その肉声のメッセージからは認知症に患っているとは微塵も感じさせない程、元気にスラスラと言葉が届きました。

ファンはその大山のぶ代さんの肉声メッセージから、彼女の元気な姿が窺い知れたので大満足なんじゃないでしょうか。

 

大山のぶ代さんの近況報告を知るにはこういった場しかないですからね。他の声優さんのようにブログを更新しているわけでもないですから、やはりファンとしては最近どうしているのか心配になっている人が多かったのではないでしょうか?

 

何はともあれ元気そうで良かったです!

『スーパーダンガンロンパ2 THE STAGE~さよなら絶望学園~』での大山のぶ代さんのモノクマ役を楽しみに待ちたいと思います!!(*´ω`*)
>>>【楽天ブックスならいつでも送料無料】ダンガンロンパ 1・2 Reload

 

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です