NARUTOの実写化に岸本斉史は意欲満々!?序盤のストーリーを希望します!!

 

『NARUTO-ナルト-』は岸本斉史さんの超人気漫画で、なんと連載15周年を迎えました。そして15周年を記念して「NARUTO新時代開幕プロジェクト」が行われています。

その中でも話題となっているのが、新作アニメ映画の『BORUTO -NARUTO THE MOVIE-』。

なんと原作者の岸本さんが脚本はもちろん、キャラデザや製作の監督まで努めた事も話題になっています。岸本さんのカリスマ性の見せ所ですね!

 

岸本さんは昨今のアニメの実写化が増えている事に対し好意的なようで、NARUTOの実写化のオファーがきたとしたら大いに賛成だそうです。

現在は漫画やアニメの実写化が続々と行われていますがどちらかと言うと批判の声の方が多いですよね。でもそんな状態でも実写化に賛成意見である岸本さん。何か成功の算段でもあるんでしょうか?

 

スポンサーリンク

NARUTOの舞台を見て感動したらしい岸本さん

既にこの「NARUTO新時代開幕プロジェクト」の中で行われているNARUTOの舞台化。その名も「ライブ・スペクタクル『NARUTO-ナルト-』」と、ネーミングからも壮大さを醸し出しています。

そしてその舞台を鑑賞した岸本さんは

「俳優さんが演じていらっしゃると、感情とセリフがリンクするし、臨場感がある。絵での表現とはまた違う」

と思ったんだとか。

普段見ているNARUTOとの違いに感動し、大絶賛していました。その舞台がきっかけで実写化にも興味を持ったって感じですね。

確かに実写には実写の良さがありますが、NARUTOのようなアクションものの実写化ってCG が沢山使われる事が予想できて、なんていうか安っぽくなるんじゃないかって心配なんですよね。。CGアニメは大好きな私ですが、実写でのCG使いはあまり好きではなくて・・・。(´∀`;)

でも岸本さんがそこまで言うなら、きっと妥協せずにクオリティの高いものを作ってくれそうな気がします。原作者が乗り気だとそれだけでもう成功の確率がグンとアップするような気がしますからね。そう考えるとNARUTOの実写化はアリな気がします(*´ω`*)

 

もしもNARUTOを実写化するならどの辺の話が良い?

15年続いたNARUTOですが、もし実写化するとしたらどの辺の話に焦点を絞るのか気になります。

幼少期から大人になり火影になり・・・と、主人公ナルト自身にも様々な成長エピソードが有ります。

個人的にはまだ一人前の忍者になる前の修行中が一番好きですね。まぁ、かなり最初の方の内容なのでこれが実写化になる可能性は少ないと思いますが、(あってもかなり省かれそう)それでもNARUTOの原点はやはりそこにあると思ってます。

色んな仲間との出会いとか絡みのエピソードとかも面白くて好きなんですが、やはりそういったのも序盤が多いですよね。だから私としては実写化するなら序盤プリーズ!!って感じなんですが、やはり一人前の忍者になってからのサスケとの戦いの方が迫力もあるので、戦いがストーリーのメインであるNARUTOなので、やはり私の好みの序盤が実写化される可能性は低そうですね(´;ω;`)

 

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です