エンジェル・ハート実写ドラマ化!冴羽リョウに上川隆也!シャンインは誰がやる!?

 

来シーズンから日本テレビ系列で『エンジェル・ハート』が実写ドラマ化されるのはご存知ですか?

アクションシーンが多々あったり、悪の組織の規模が尋常でなかったりと、実写化するのは難しい作品だと思うんですが日本テレビさんはやってくれました(*´∀`*)

 

『エンジェル・ハート』は、キャストのイメージやアクションシーンの出来が作品の人気を左右する鍵だと思うんですが、大変重要な役を担う冴羽リョウ役になんと俳優の上川隆也さんが起用されました!でも『エンジェル・ハート』の作中での冴羽リョウって40代だと思われるんですが、上川隆也さんは50歳です。(見えませんが)

アクションシーン満載の作品ですが、大丈夫でしょうか?身体はついていくんでしょうか!?

 

スポンサーリンク

エンジェル・ハートはシティーハンターの続編?パラレルワールド?

『エンジェル・ハート』といえば集英社週刊少年ジャンプにて北条司さんが連載している人気漫画の1つで、皆さん恐らく知っていると思うんですが『シティーハンター』と同じ登場人物が出てきます。

私は最初『シティーハンター』の続編だと思っていたんですが、読み進めていくと時代背景が微妙にずれている?

よくよく調べてみたら、どうやら『エンジェル・ハート』は『シティーハンター』のIFストーリー。パラレルワールドのストーリーとの事でした。

まぁ舞台は『シティーハンター』同様新宿だし、登場人物は皆性格も設定も変わってなく、もう一人の主人公になる「シャンイン」という女の子が出てくる『エンジェル・ハート』は、アクションバトルよりも家族愛を軸にした作品になっています。

 

 

まぁ『エンジェル・ハート』の世界観は『シティーハンター』と変わらないと思って観ても全く問題はないかと思いますよ。ただ、香が交通事故でこの世にはもういないという点だけが『シティーハンター』のファンから入る人にはちょっとキツイかなと思います。私も最初驚きましたから。まぁヒロインが二人いると何かと都合が悪いんでしょう。

上川隆也は冴羽リョウ役に抜擢されてプレッシャー感じてる?

 

今回の実写ドラマ化にあたり、作者の北条司さんは

「それぞれがイメージするりょうがあるから、誰が演じても漫画そのままにはならないでしょう」

と話していました。

 

 

また、冴羽リョウ役の上川隆也さんに対しては

「とてもステキな役者さんだと以前から思っていた上川さんに演じていただけると聞いて、うれしく思いました。上川さんが演じるとどういうりょうになるか、今から楽しみにしています」

とメッセージを残しています。

 

原作者からこんなに評価されている上川隆也さんの演じる冴羽リョウがなんだか楽しみになってきました(゚∀゚)

 

また、北条司さんは上川隆也さん本人に

「マンガはマンガ、実写は実写。上川さんの“冴羽りょう”を作ってください」

と話したそうです。

 

この言葉で上川隆也さんは少しプレッシャーから解放されたのか、こうコメントしています。

「(この言葉を)胸に、ドラマとしてのエンジェル・ハート 冴羽りょうを演じたい」

 

おお~。大分意欲的!(*´ω`*)

少し年齢的な心配があるのは否めませんが、上川隆也さんならシリアスな冴羽リョウも“もっこり”な冴羽リョウも、上手に演じてくれると思います!!

 

シャンインは誰が演じる!?私の希望はこの人!!

シャンインは、初登場時はなんとまだ15歳の少女でした。数奇な運命から殺し屋として教育されて辛い日々を送っていて、遂にはその苦しさから自ら命を絶とうとしますが、ギリギリのところで香の心臓を移植されて命をつなぎ留めます。それからは冴羽リョウを父のように慕い、シティーハンターの後継者として活躍していくわけですが、こんな難し役どころ、誰が一体演じるの!?

シャンインの役は難しすぎるから、きっと決まるのが遅いんでしょうね。

 

冴羽リョウ役に上川隆也さんを抜擢したところから見ると、単に“今が旬”な女優さんを選んだりはしないと思うんです。

実力やイメージ重視でシャンイン役を決めるとすると、私が希望するのはズバリ以下の3人です!!

 

・武田梨奈さん

・夏帆さん

・水原希子さん

 

シャンインの特徴であるアジア系の少女・10代で通せる容貌・優れた運動能力を十分クリア出来る女優さんたちだと思うんですが、いかがでしょう?

 

シティーハンターも一度香港で実写化したのを覚えてますか?

1993年に、『シティーハンター』が香港で実写映画化されました。当時はあまり実写化を行っていないにも関わらず漫画を実写化することが決まった時点でも凄いと感じてしまうのですが、驚いたのはそれだけではありません。

 

なんと主演がアクション映画で超有名なジャッキー・チェンさんだったのです!!∵・(゚∀゚)・∵.

そしてジャッキー扮する冴羽リョウと戦う女性役を当時18歳のあの国民的美少女の後藤久美子さんが演じたんですよ。かなりカッコよかったですよ。身体ちゃんと鍛えててね。

でもこの『シティーハンター』の実写映画化はかなりオリジナルの脚色でコメディ色も強かったりで、賛否両論だったようですね。香港ではあーいう感じの作品が人気なのかもしれませんが、日本ではあまりオリジナルの脚色は受け入れられない傾向がありますもんね。

 

今回『エンジェル・ハート』実写ドラマ化では、ぜひぜひ原作に忠実に作って欲しいものです。根強いファンを獲得しているこの作品であれば他の作品に比べてクレームや批判の数は少なくなるような気がしますが、ネームバリューに甘んじる事なく、『エンジェル・ハート』を丁寧に仕上げて欲しいですね。(上から)
 
>>>エンジェル・ハート 全33巻を購入するならこちら

 

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です