黒木メイサがデザイナーベイビーの問題点に向き合う刑事ドラマの主役に!!

 

NHKで9月から始まる連続ドラマ「デザイナーベイビー」の主役に黒木メイサさんが抜擢されました!!

 

なんと黒木メイサさんが演じるのは妊娠8ヶ月の妊婦さんでしかも刑事さんの役なのです!

黒木メイサさんの細い体のラインで妊婦を演じるのはなかなか面白そうだけど難しそうですよね。一体どんな仕上がりになるんでしょう!?想像がつきませんが、ドラマの内容に迫ってみたいと思います!!

 

スポンサーリンク

実生活では既にママの黒木メイサ

黒木メイサさんといえば日本人離れしたスラっとした体型と、クールな目元が印象的な、強め美人さんの女優さんですね。我が家は皆黒木メイサさんの大ファンです。(特に旦那)

なので、赤西君との電撃結婚⇒出産は結構驚きましたね。お似合いのカップルなんですが、「えぇ!?黒木メイサが出産!?あんな細いのに大丈夫なの!?」と、変なところを心配してたりして(;^ω^)

 

まぁでも無事に出産してもうすぐ3歳になるお子さんがいる黒木メイサさん。こんな綺麗なママは滅多にいないですよね(*´∀`*)

 

今回のドラマでは「デザイナーベイビー」なんて聞きなれない言葉が出てきましたが、母親である黒木メイサさんはドキっとしたそうです。やはり色々考えさせられるディープな内容ですもんね。

 

「デザイナーベイビーという言葉を最初に聞いた時は、えっ?という衝撃、胸騒ぎが私の中をはしりました」

と、素直な気持ちを吐露してくれました。やはり母親なんだなーと少しジーンとしました。そして私も人の親なので同じ気持ちを抱きました。

 

デザイナーベイビーとは?

黒木メイサさんが衝撃を受けた今回のドラマのタイトル「デザイナーベイビー」とは、一体どういう意味があるのでしょう。

何となくは分かる気がするけど、ちゃんと説明出来る程知っている人は少ないかもしれませんね。

デザイナーベイビーとは、受精卵の段階で遺伝子に作為的に手を加えて操作し、親が理想とするルックスや頭脳、体力などを持った子供が生まれてくるように作り上げられた子供の事を指します。

少し前にガンダムSEEDというアニメが流行ったのですが、ここに「コーディネーター」という存在が出てきます。これが今でいうデザイナーベイビーの事で、この存在が争いの火種を生むんです。

 

命は生まれ出ずるもの。作られた命はやはり歪んだ存在と忌み嫌われてしまうんですね。

 

9月22日からNHKで放送される「デザイナーベイビー」は刑事ドラマでありながら、生殖医療の最前線で注目されている遺伝子操作について掘り下げていくという異色のストーリー。もしかしたら日本の医療界に強烈なダメージを与えてくれるかもしれませんね。

 

今回のドラマで黒木メイサが演じるのは妊婦の刑事!!

 

今回の「デザイナーベイビー」で黒木メイサさんが演じるのは妊娠8ヶ月の妊婦さんで、そろそろ産休に入ろうという刑事さん。

 

黒木メイサさんはNHK地上波のドラマで主演をするのは初めてのことだそうです。

更に実生活では既にママですが、役者として妊婦を演じるのは初めてですから少し勝手が違くて緊張してしまうかもしれませんね。

 

面白いのが今回の役のキャッチコピーが「頭は切れるが身体は重い」らしく、なんだかコナン君を彷彿とさせますよね。「見た目は子供、頭脳は大人!」みたいなね(*´д`*)

 

何はともあれ、黒木メイサさんの切れ者妊婦姿が拝めるなら私は絶対に「デザイナーベイビー」を観まっっす!!(*´д`*)

 

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です